婚活パーティーで結婚できる?

男性に人気の婚活パーティーランキング|口コミと評判まとめ

 

婚活歴2年で婚活パーティーで出会った女性と結婚された『新郎』さん(33歳)。新郎さんが感じた"婚活で結婚するために必要なこと"とは何でしょうか?

婚活で結婚するために必要なこと

結婚適齢期の男性2名(ドクオ33歳/パティ男30歳)と一緒に、気になる点を徹底的に聞き出しちゃいました!

(インタビュア:婚活アドバイザー貴子)

いままで何回くらい婚活パーティーに参加したの?

インタビュア
早速ですけれど、新郎さんは婚活パーティーで出会って結婚されたということですが、どれぐらいパーティーに行かれて出会われたのですか。
新郎
婚活パーティーにはだいたい30回ぐらい行きました。

婚活パーティーは、30回参加しました

インタビュア
30回ですか。
新郎
もっと行っているかもしれないです。
インタビュア
期間にすると、どれくらいですか。
新郎
期間にすると、2年ぐらいです。
インタビュア
わりと一般的かもしれないですね。
ドクオ
月に1回ぐらいですか?
新郎
そうですね。2年間だとそのぐらいになります。
パティ男
一般的に、婚活するならパーティーに30回以上行くものなのですか。
インタビュア
行く方もいらっしゃるようです。
パティ男
そうなのですね。もう少し軽めに見ていました。
ドクオ
自分も、婚活パーティーは何回も行くという話を結構聞きます。いろいろ場所を変えたり、結婚相談所でも場所を変えたりするという人は、結構聞きます。
インタビュア
人によりますが、私の友達は、婚活パーティーに2回参加しただけで結婚したという人が2人ぐらいいます。

2回の参加で結婚した人もいる

ドクオ
すごいですね。
パティ男
10回前後で終わるのかと思っていました。
インタビュア
それは出会いのタイミングでしょうね。パティ男さんは、婚活パーティーにはどれぐらい行かれているのですか。
パティ男
私は、通算9回行きました。そろそろ出会わないかなと思っているのですが、そう考えると、先は長そうですね。
新郎
急に次回に婚活パーティーでカップリングするとかもあるかもしれません。
パティ男
だといいんですが・・。
新婚さんは、30回も参加されて途中で諦めたりとか、婚活疲れとか無かったんですか?
新郎
ありましたよ。でも婚活を諦めるってことは、結婚を諦めるってことだと思ったので、何とか自分を奮い立たせて頑張ってました。
パティ男
婚活を頑張れるコツって何かありますか?
新郎
コツというか、「婚活自体を楽しめるようなパーティーを選ぶ」っていうのは、自分の中でありました。

楽しめる婚活を選ぶのが、婚活を頑張れるコツ!

新郎
僕がよく参加していたのはPARTY☆PARTYというところです。PARTY☆PARTYは、企画自体が面白いので数多く参加しても飽きなかったですね。

婚活以外で出会いはないの?

インタビュア
ドクオさんは、今は彼女などはいらっしゃいますか。
ドクオ
彼女いないです。彼女すごく欲しいので、行ってみようかなと思っています。なかなか出会う機会がありませんし、コンビニなどで会った可愛い子でも話しかけるのは難しいですし。
パティ男
なかなか無理ですね。
ドクオ
そう思うと、婚活にはすごく興味を持っています。
インタビュア
合コンはないですか?参加する機会とかないです?
ドクオ
いや〜〜今は、ないですね。最近はもうないですね。
パティ男
結構、長い期間、合コン自体無いってかんじですか?
ドクオ
そうですね、もう何年も…。長い間行ってないですね。
インタビュア
では、出会いはないということですね。
ドクオ
出会いはないですね。

出会いなんてない・・合コンさえ、何年もない

インタビュア
道端で出会う以外に出会いはないですね。
ドクオ
ドラマのような、TSUTAYAに行ってDVDを取るとき。
パティ男
取るとき手がかさなっちゃうみたいなシチュエーションですね。
ドクオ
そういうことに憧れていますね。
インタビュア
それはドラマですからね。残念ですね(笑)では、
婚活パーティーで奥さんに出会った新郎さんのことは羨ましいですよね。
ドクオ
羨ましいですね。

どこの婚活パーティーに行った?

インタビュア
ちなみに、新郎さんはどこの婚活パーティーに行かれたのですか。
新郎
最初の頃は、パーティーパーティーや、ホワイトキー、あとは、シャンクレールなどに行きましたね。いくつか複数の婚活パーティー業者を見比べるために行ったりしていました。
インタビュア
―最終的には、どこが良かったですか。
新郎
最終的には、やはり今の奥さんに出会ったパーティーパーティーが一番良かったなと思っています。

出奥さんと出会ったPARTY☆PARTYが1番!

インタビュア
それはそうですよね。
ドクオ
今、他のところのほうが良かったと言われたら。
インタビュア
婚活パーティーによって、参加女性の人はやはり違いますか。
新郎
テーマによって、参加する女性のタイプが違うなということは感じました。
パティ男
参考に、どんなテーマの婚活パーティーがあるんですか?
新郎
例えば、お酒を飲みながら楽しむ婚活パーティーもありました。そういうのであれば、比較的若い、20代の女性が多いかなという印象です。
ドクオ
僕はお酒が好きなので、一緒にお酒を楽しめる彼女が欲しいとなると、そういう飲み会っぽい婚活パーティーに参加すれば出会う機会が多いということですね。
新郎
ですね、合コン型パーティーと通称呼ばれているようです。
ドクオ
へ〜〜、自分の好みに合わせて選べば理想の彼女が出来る可能性は高まるかもしれませんね。
インタビュア
合コン型だと、わりと、結構堅苦しくない感じですよね?
新郎
そうですね。普通の婚活パーティーだと、個室ごとで1対1でしゃべりますが、合コン型だと、大きな広い部屋で、4人対4人でグループを作って、お酒を飲みながら、お菓子を食べながらしゃべるという形なので、緊張なく楽しめます。
ドクオ
相席屋のようなものですか?
新郎
近いですね、相席屋は友達同士で来ているのでより気軽な遊びってイメージですが。

いま話題の「相席屋」って、ぶっちゃけどう?

インタビュア
相席屋に行きつけているのですか。
ドクオ
いや、行ったことはありません(笑)
インタビュア
今、話題の相席屋ですね。新郎さんは、相席屋に行ったことありますか。
新郎
ありません。
パティ男
ハイ!僕はあります。
インタビュア
どうでしたか。
パティ男
とにかく若い女の子多いですね〜。20歳ぐらいから24、5ぐらいまでの人たちがだいたい相席屋に来ます。けれど、正直、可愛いか可愛くないかと言われたら、可愛くないです(汗)

可愛い女の子と出会えない・・

インタビュア
言ってしまいましたね(笑)可愛くない?
パティ男
う〜ん…。何でかな〜。ブサイクと言うわけではないんですが、テンションあがるような可愛い子はいなかった…。
インタビュア
相席屋は、男性のほうが費用と言うか料金を持つのですよね。
パティ男
持ちます。だから、1時間でだいたい4,000円ぐらいと高いのに、リターンは薄いかなと思います。
インタビュア
食事を楽しむために行く女性もいると聞きます。
パティ男
男持ちになるので、お酒も安く、それを目当てだったりします。あとは、終電を逃した子たちがよく来ています。可愛い子は、恐らく終電で帰っているかお持ち帰りされますからね(笑)
インタビュア
お話しを聞いた感じだと、あんまり婚活目的という感じではないのですね。
パティ男
婚活目的ではないです。本当に、出会い目的でもありません。ただ、お酒が安く飲めるから、タダで食べられるからという人が多いかもしれないですね。

相席屋は、出会い目的ではない

インタビュア
じゃあ1人で寂しく食べるのが寂しい男性は行くといいですか。
パティ男
そうですね。
ドクオ
腹黒い女性がいっぱい来ますか。
パティ男
そうです。期待はしてはダメです。
インタビュア
すごいですね。
新郎
それに1回行くと、何人ぐらいの女性と出会うことができますか。
パティ男
だいたい2対2なので、男2人・女性2人が基本のセットで、15分〜30分で女性が入れ替わるというものです。
新郎
入れ替わるのですか。
パティ男
はい。だから、終電を逃した2時、3時ぐらいになると、朝までずっと同じ人という場合もあります。
インタビュア
変わる人がいないということですね。
パティ男
変わる人がいないからです。
インタビュア
可愛くなかったら地獄のようですね(笑)
ドクオ
相席屋って1人では行けないですよね。
パティ男
1人では行けないです。だいたい基本は、男性2人ですね。
インタビュア
ちょっと街コンっぽいですね?
パティ男
言われてみるとそうですね、街コンのシステムに似てますね。
ドクオ
う〜ん。そういう所に誘える友達がいない男性にとっては、結構参加しにくいですよね。
パティ男
1人だと、お店に入れません。

婚活パーティーは1人でも参加できる?

インタビュア
そういう意味では、パーティーパーティーの合コンスタイルだと、1人で参加できるから気楽といえば気楽でしょうね。
新郎
自分も1人でパーティーに参加しましたし、実は周りにいた人も1人の男性がみんなで集まってグループを作って、合コンを楽しむという形でした。
パティ男
初対面でチームですか?急にそういうチームプレーをできるものでしょうか。
新郎
皆さんやっぱり社会人なのかわからないですけれど、お互いうまくサポートし合いながら楽しんでいました。
パティ男
それはいいですね。
ドクオ
友達同士で来る人はあまりいないですか。
新郎
少ないですね。男性のほうは、比較的、1人で婚活パーティーに行く人が多いですね。
ドクオ
女性は友達同士とかのほうが多いですか?
新郎
女性はグループで来ている方が多かったですね。
パティ男
女性は可愛かったですか????
新郎
可愛い子も結構いました。
中でも特に可愛い女の子が多いと思ったのは、やっぱりパーティーパーティーでしょうか。

シャンクレールも可愛い女の子は多かったですが、結婚目的というより恋人探しって感じだったので、自分とはちょっと合わなかったです。でも、若さではシャンクレールが1番ですよ!

可愛さなら、PARTY☆PARTYが1番!

パティ男
いいですねーー!!!当たりですね。
インタビュア
テンションが違いますね(笑)新郎さんはいままで多数の婚活パーティーに参加されてますけど、かなりの女性と出会ってきていますよね。
新郎
そうですね。累計の人数でいえば、結構出会っています。

結婚するまでに出会った人数は○百人?!

インタビュア
ザックリ何人ぐらいかわかりますか。
新郎
1回のパーティーで恐らく10人ぐらいと出会うので、合計30回行っていると、300人の女性と出会っていることになります。
ドクオ
さ、、、300人。すごいですね。
インタビュア
すごいですね。奥さんは300分の1で選ばれた女性というのはすごいですね。
パティ男
わ〜〜選ばれし者ですね。
インタビュア
奥さん以外の人とカップリングしたこともありますか。
新郎
もちろん、何度かあります。
インタビュア
でも、最後に選んだのは奥さんだったということですよね。
新郎
そうですね。
パティ男
奥さん以外に複数回デートをした人はいますか。
新郎
婚活パーティーでカップリングした人だと、だいたい2人に1人ぐらいはデートしていますね。
パティ男
その後も、デートに行ったり、その人とまた会ったりはしましたか。
新郎
デートに行ったことはあります。
インタビュア
逆に、2人に1人はデートはしないということですか。
新郎
そうですね。
パティ男
え、勿体ないですね?メールで終わってしまうということですか?
新郎
メールで連絡がつかなかったり、あとは、予定が合わなかったり、だんだんそれで2週間、3週間経っていくと、既読スルーのような感じになってしまっていました。
ドクオ
なるほど、出会ってから早いアプローチが鍵ですね。
新郎
鍵だと思います。
ドクオ
勉強になります。
インタビュア
鉄は熱いうちに打てということですね。
新郎
そのとおりです。

婚活パーティーでの出会い、付き合うきっかけは何だった?

インタビュア
奥さんと付き合おうと決めたきっかけや決め手はありましたか。
新郎
決め手は、まず見た目です(笑)見た目がタイプだったのと、あとは、実際話をしている中で、趣味もあったり、休みがあったりして、そういったところでだんだんデートもしやすかったり、誘いやすかったりしたので、うまくトントン拍子で結婚に至ったなという気がします。

趣味や休みが合う女性結婚までもトントン拍子

パティ男
奥さんとは、カップリングはもちろん成功しているんですよね?
新郎
成功しました。
インタビュア
どういうタイプの婚活パーティーでしたか。
新郎
そのときは、20対20で、男性も女性も20人のパーティーでした。回転ずし型の婚活パーティーで出会いました。銀座のパーティーパーティーです。

パーティーパーティーは趣味コンなどの企画が充実しているので、同じ趣味の女性と出会いやすいですよ。
パティ男
銀座だけは行っていないです。銀座ですね。
インタビュア
これからは銀座に行かないといけないということですね。
新郎
銀座のパーティーパーティーは、社会人でしっかりとした女性が多いと思います。
パティ男
銀座か東京駅かで迷って、東京駅に行ってしまいました。あのときに銀座行っておけばよかったです。
ドクオ
やはり、来る人も場所によって違うってことですか?
新郎
そうですね、銀座の他には東京丸の内も。2番目ぐらいによく参加していました。
インタビュア
1番は銀座、2番は東京ですね。
新郎
そうです。OLが多いのか、言葉使いもしっかりした女性も多いですし、自分は33なのですが、20代後半ぐらいの方が多かったので、年齢的にもちょうどいいなと思って、よく行っていました。
ドクオ
場所のイメージから、玉の輿を狙いそうな人がいっぱい来そうなイメージでしたが、逆に東京・銀座エリアで働いている女性ならば、大手に勤めている人も多そうですね。
新郎
そういう人玉の輿というか、お金持ち狙いも中にはいるかもしれないですけれど、自分はそういう感じの人には出会いませんでした。
ドクオ
そうでもないのですね。あまり気にしなくてもいいのですね。
新郎
逆に、新宿のほうがそういう玉の輿を狙っているような人がいましたね。
インタビュア
場所によって、そんなに参加者層が違うんですね。それで、玉の輿を狙っているなということは、どういうところでわかるのかちょっとわからないのですけれども。
新郎
う〜ん、腹黒そうな女性です(笑)
インタビュア
それは見た目とか雰囲気で?
新郎
見た目です(笑)あとはお金とか仕事の話ばかりしてきたり。
インタビュア
新郎さんは、ハイステ男性と言うかお金持ちの部類ではないのですよね。
新郎
残念ながら、玉の輿で狙われるような男ではありません(笑)
インタビュア
では、銀座の女性は玉の輿狙いじゃない人がいるということですね。
新郎
そうですね、真面目な方が参加しています。
インタビュア
パティ男さん、聞きましたか?今日すぐにでも銀座に申し込むのでは!
パティ男
ハイ!!!もう、すぐにやります。
インタビュア
面白いですね〜〜。

婚活パーティーではどんな女性とであったの?

インタビュア
具体的にはいままでどんな女性と出会ってきたんです?
新郎
そうですねー、職業で言うと看護師、飲食店、美容師、保育士さんと、シフト制の女性も結構いたりします。

看護師、保育士の参加者も多い

インタビュア
保育士さんも案外シフト制ですよね。
新郎
そうそう、シフト制の女性だとカップリングしたとしても、予定が合わなかったりするので、発展しにくいデメリットはあります。
インタビュア
美容師さんなどのシフト制の方向けには、平日開催っていう手もありますけどね。
パティ男
ありました!一度行きました!やはり美容師が多かったですね。
インタビュア
やはりそうなのですね。
パティ男
恵比寿も新宿も行きましたけれど、そうでした。
ドクオ
オシャレなところに行ってるのですね。
インタビュア
オシャレな美容師さん多そうですよね。
新郎
そうですね。自分の場合は、平日サラリーマンをしているので、土日開催のもので、銀座で、お昼などの明るい時間に行ったり、夜に行ったりしていました。
インタビュア
なるほど、奥さんは見た目も含め、第一印象から好みだったということですけれど、その奥さんとカップリングするための秘訣というか、自分から何かやったりはされましたか。

カップルになるためのコツや攻略法は?

新郎
特に秘訣はないですけれども、とにかく出会ったときに、一生懸命話すということをしました。

とにかく出会ったときに、一生懸命に話す!!

インタビュア
おや?意外と普通ですね。
新郎
当たり前のことですが、誰でもタイプの子の前だと一生懸命話すではないですか。それと同じで、前の女性よりも、少しテンション高めでしゃべっていました。
ドクオ
違いを出すということですか。
新郎
違いを見せつけて、あとは、沈黙にならないようになるべく気をつけていました。あとは、相手の話も聞きながら、時々自分のアピールも少ししながら、そんなことぐらいしか実際はしていなかったですね。
パティ男
わかります。僕も緩急は使いますね。
新郎
緩急は大事ですよね。
ドクオ
初めて行ってそんなにすぐできるものなのですか。
新郎
自然とわき出る感じです。
ドクオ
徐々に慣れてきて、そのような感じにできるようになりましたか。
新郎
最初の頃は、周りの目も気になっていたときもありましたが、10回ぐらい行くと、人の目も気にせず、自分をアピールしていくことはできるようになりますね。
ドクオ
何回か回数こなせば慣れてくるということですよね。
新郎
そうですね。雰囲気に慣れて徐々に会話もスムーズに出来るようになってきます。
ドクオ
婚活を始める前から女性との会話は得意だったんですか?
新郎
どちらかというと、女性と話をするのは苦手でした。
ドクオ
そうなんですか?婚活パーティーに行くようになって、女性と話せるようにはなりました?
新郎
そうですね。1回行くと、だいたい10人ぐらいの女性と会話出来るので、練習ではないですけど、回数を重ねるとやはり慣れてきます。そのうちに、どういうふうに話したらカップルになるか、女性が喜ぶかなど婚活パーティーでの会話術を学べるような気がします。
インタビュア
お話しを聞いている限り、ドクオさんは女性に対して、ちょっと不器用なイメージですね。
ドクオ
ああ〜まさに。女性に対して不器用です。しゃべりかけることにすごく勇気がいります。
パティ男
本当ですか。とてもじゃないですけどそう見えません。
インタビュア
わからないですよ。女性の前に出るともしかしたらそうなのかもしれません。こんな不器用さんでも慣れれば大丈夫ということですか。
新郎
そうですね。だいたい1回7分ぐらいのトークで、7分はあっという間ですし、それほど緊張しなくても大丈夫だと思います。

婚活パーティーに参加する勇気がない場合の対処法は?

ドクオ
そうなんだ・・・。最初の一歩の壁を越えるのがすごく難しいです。お二人とも初めて婚活パーティーに行こうと思ったきっかけは何だったんですか?
新郎
最初に申し込みをした思ったきっかけですか。
ドクオ
やはり申し込むことは勇気がいるではないですか。そこをどうやって乗り越えたのか。
パティ男
僕の場合ですが、考えたら怖気づいて行かなくなってしまうので、一番日程が近いやつで申込みましたね。翌日のやつに申し込みました。
ドクオ
行動力あるな〜。行こうって決めたら、先に申込みボタンを押せばいいということですね。

迷う前に申込む当日参加するくらいが良い!

パティ男
その場で、もう当日参加するような気持ちで押したほうがいいです。
ドクオ
では、ちょっと勇気を出してやってみます。
インタビュア
申し込んでもらったらどうです?(笑)
新郎
無理矢理誰かに申し込んでもらうということですね。
インタビュア
誰かに申し込んでもらって、先に支払もしてしまったら、行かざるを得えませんからね。
ドクオ
逃げられない…。でも、まぁ、そうですね。
インタビュア
最初の一歩、1回目がやはり勇気がいるということですね。
新郎
今思い出しましたけど、確かに最初は緊張しました。

僕はたしか、初参加の人限定のパーティーに行きましたよ。 みんな初参加なら、もし何か失敗してもバレないじゃないですか(笑)
パティ男
僕も大量に汗をかきました。体中からブワーって汗が(笑)絶対気持ち悪い人と思われたでしょうね。
インタビュア
実はですね、私も婚活パーティーに参加したことがあります。
新郎
え〜本当ですか?
インタビュア
友達と一緒だったので、緊張は少し和らいだと思いますね。
新郎
誰かを誘って行けば、確かに緊張は和らぎますね。
インタビュア
もしかしたら、最初だけ友達と行くというのもありかもしれないですね。
ドクオ
それは確かにありですね。
パティ男
ドクオさん、一緒に行きます?
ドクオ
えっ、いいですか?何回も参加している方なら安心感があります。
インタビュア
婚活仲間ができましたね。

婚活パーティーで出会って結婚、期間はどれくらい?

インタビュア
奥さんと婚活パーティーで出会い、結婚まではどれぐらいでしたか。
新郎
付き合い始めて結婚までは、半年ぐらいですね。
インタビュア
半年ぐらいですか。結構短いですね。
新郎
そうですね。
インタビュア
出会ってから付き合うまではどれぐらいでしたか。
新郎
出会ってから付き合うまでが、2週間ぐらいですかね。
パティ男
早いですね。
インタビュア
では、出会って結婚するまで半年ちょっと…?
新郎
半年ちょっとです。
インタビュア
結婚が決まるまでですか?結婚するまでですか?
新郎
結婚を決めるまで半年です。
インタビュア
結婚が決まるまで半年ですか。結構スピード結婚ですよね。
新郎
そうですね。周りのみんなから「スピード結婚だね。」と言われます。
インタビュア
そうでしょうね。スピード結婚だと思います。
パティ男
どのくらいで結婚式をしましたか。
新郎
結婚式は、その後ですからこれからですね、いまちょうど準備を進めているので。
パティ男
結婚を意識したのはいつぐらいからですか?
新郎
それは最初のころ、付き合うときに意識しました。
パティ男
付き合ってからではなくて、付き合う前からですか?
新郎
そうです。自分も結婚をしたいなと思う人ととしか付き合う覚悟は持てなかったので、この人と結婚したいなと思ったので付き合ったんです。なので、結婚は出会った時から意識していました。
パティ男
へ〜真面目ですね。
インタビュア
付き合うイコール結婚という意識ですね。でも、婚活ですもんね。
新郎
アラサーですし、そろそろ身を固めないとと言う焦りもあったので。
インタビュア
でも、出会って2週間でその決意はすごいですね。
新郎
半分一目ぼれですよね、第一印象の外見で、あ、結婚しても良いかもと思っていたからですね。
パティ男
あっこの人だということですね。
ドクオ
見た目的に(笑)そこ重要なんですね。
新郎
僕的にはやはりルックスは重要でしたね。
パティ男
やはり重要になりますよね。
新郎
2、3回デートして内面も含めて結婚してもいいなとおもって、付き合い始めました。
インタビュア
奥さんも同じ気持ちでしたか。
新郎
付き合うかどうかの話をしたときに、奥さんのほうも、「次に付き合う人とは結婚を考えているから本当に真剣なの?」と聞かれましたね、向こうも真剣でした。
インタビュア
本当に早く結婚したいという人にとっては婚活パーティーは効率いいですよね。
新郎
向こうもアラサー、同じ年齢ぐらいだったので、やはり遊び人のような男性とは結婚したくないらしく、ちゃんとお互い意識合わせをして付き合いましょうという話になりました。
パティ男
ドクオさん、真剣な顔で聞いてますけど大丈夫ですか(笑)
ドクオ
いや、覚悟を決めて行く必要があるなと思って聞いていました。
新郎
覚悟というか、やはり真剣さは必要です。
インタビュア
婚活ではなくて、恋活パーティーもあって、彼氏彼女を見つけるためのパーティーというのもあります。すぐすぐ結婚と考えてなければ、そういうのに参加するというのもありかもしれないですね。
ドクオ
実は僕、最近関東のほうに引っ越してきたばっかりなんです。だからあまり友達もいなくて、出会いもないとなったら、例えば、そういうパーティーに参加すれば、異性の友達は結構簡単にできるということですか。
インタビュア
そうですね、友達からという婚活パーティーに参加したら良いかもしれないですね。
パティ男
それはカップリングはなく、普通に連絡先交換をするようなパーティーですか。
インタビュア
カップリングするタイプもあるし、連絡先交換のやつもあります。
ドクオ
恋活?っていうんですかね。
インタビュア
恋活です。
新郎
婚活にもテーマがあって、まずはお友達からという婚活パーティーは多いですよ。
パティ男
連絡先交換だけのやつですか。
新郎
そうです。
パティ男
一度行きました。
新郎
極端な話、10人の女性がいたら、10人に連絡先を渡せるぐらいの婚活パーティーがあるので、そのテーマに合わせて、婚活パーティーを選んだほうがいいなと思います。
インタビュア
結婚に対するそういう真剣度や意識に合わせて選ぶことはできますよね。
新郎
向こうも同じ気持ちで来ているので、友達になりやすいし、あと、結婚相手として見ている人もいますし。
インタビュア
いろいろイベントのパーティーなどもあるので、そういうのだと、異性だけじゃなくて、同性の友達もできたりするようです。
新郎
自分もありました。婚活パーティーで同性の友達ができて、後日合コンにさそわれました
パティ男
え?みんな終わったらすぐ帰るのではないですか?
新郎
合コンみたいなタイプの婚活パーティーで一緒にグループを組んだ男性から、パーティーが終わった後に、「連絡先教えて。」と言われて、「なんでですか?」と聞いたら、「次、合コンあるんだけど、よかったら一緒に来ない?」と言われて、一緒に行きました。
インタビュア
へ〜そんな出会いもあるんですね、新郎さんのサポートが良かったのでしょうね。
新郎
こいつは使えるなと思ったのかも(笑)
パティ男
(笑)いいですね。それ憧れます。
新郎
5歳ぐらい上の男性から誘われました。
パティ男
ちなみに、その合コンは良かったですか。
新郎
それはちょっと微妙でしたね。
インタビュア
やっぱり婚活パーティーのほうがいいですか。
新郎
5人中5人全滅でした…
パティ男
えっ、まさかの0%ですか。
インタビュア
残念ですね。
新郎
10人以上と出会えるし、婚活パーティーのほうが絶対良かったです。合コンだとやっぱり可愛い子が少ない。幹事が自分と同レベルの友達連れてくるから(笑)
パティ男
自分も同意見ですよ。婚活パーティーの方が合コンよりも全然いいし、出会えると思いました。連絡先も渡せますしね。
ドクオ
へ〜ちょっと婚活へのハードルが下がりました。
インタビュア
そうなんですよね。合コンには暗黙のルールがありますよね。女性の幹事がいますが、女性の幹事よりも可愛い子は来ないです。だから、そこがMAXと思ったほうがよく、後は落ちるだけです。だから、可愛い子は来ないです。
パティ男
幹事がべらぼうに綺麗な人しか無理ということですね。
インタビュア
そこはもしかしたら期待できるかもしれないけれど、幹事見て「ああ。」ということになります。
新郎
幹事次第ですね。
パティ男
宝くじよりひどいですね。
インタビュア
あまり合コンには期待しないほうがいいかもしれません。

婚活中は同時進行してた?

インタビュア
ぶっちゃけた話を聞きますが、同時進行などはありましたか。奥さんと出会って、付き合っていたけれど、パーティー行ってたり、他の人とメールしてたりありましたか。
パティ男
是非聞きたいです。参考にします。
新郎
ぶっちゃけやはり付き合いながらも、この人と本当に結婚できるか100%ではないので、同時に婚活していました。あ、奥さんには内緒で(笑)やはり少しでももっといい人いるかもしれないという気持ちがあるので、付き合いながらこっそり婚活パーティー行って…。
パティ男
もちろん婚活パーティーでカップリングになったりもありましたよね。
新郎
なったりもしていました。
パティ男
で、その後2人でご飯に行ったりもしましたか。
新郎
それもありました。ご飯に行ったり、カフェに行ったりしていました。で、話してみて違うなと思ったら、そこでスパッと切ってしまって、で、付き合ってるほうへ戻るということをしていました。
パティ男
なんかスゴイ、奥さんには聞かせられない(笑)でも、帰るところがあっていいですね。
新郎
やっぱり1人既にキープがいるのであんしんかんもありますし、基準も作れますし。結果的には奥さん以上の人はいないという結論に至ったので、結婚を決めるきっかけにもなりました。
インタビュア
そうやって精度を高めていったわけですね。
新郎
そうです。常に1対1のトーナメント制ですね。
パティ男
奥さんが勝ち上がりということですね。
ドクオ
優勝したということですね。
パティ男
結果、奥さんが優勝ですね。
インタビュア
そこまでして決めた奥さんだったら、結婚したら浮気しようなんて気持ちも逆に起こらなくなるのではないですか。
新郎
精度がいい分、他の女性、そこら辺の女性が来たとしても、奥さんが一番になるので、そういう意味では、トーナメント制は非常に大事だなと思います。
パティ男
参考にします。
インタビュア
贅沢な話ですよね。
パティ男
300分の1を勝ち上がってくるんですもんね。
ドクオ
そうですね。
インタビュア
すごいですね。
インタビュア
ドクオさん、パティ男さん、他に何か聞きたいことはありますか。
パティ男
若い女の子と出会えるパーティーはどこですか。
新郎
若い子はシャンクレールが一番多かったですね。
パティ男
やはりそうですか。自分も行った中では平均が20代半ば、前半のこもいました。
新郎
あとは、ホワイトキーも比較的若い女性多かったですね。自分が行ったときは、大学生とかもいました。まだ、20歳の大学生や専門学生がいました。
パティ男
学生が来ているんですか。
新郎
来ていることがあります。「なんで来てるの?」と聞いたら、「本当にすぐ結婚したい。すぐ子どもが欲しい。」と言っていました。
パティ男
最初からプレッシャーが半端ないですね。
新郎
結婚意識がすごい高いなと思いました。
インタビュア
若い女性が好きな人にはいいですよね。
新郎
自分も若い女性が好きだったので、全然そこは良かったです。
パティ男
その人たちとはデートに行ったりはしましたか。
新郎
その人たちとはカップリングになりませんでした。
インタビュア
選んでもらえなかったということですね。
新郎
自分はリクエストしましたが、断られました。
ドクオ
すごく変なこと聞きますけれど、例えば、友達に、「奥さんとどこで知り合ったの?」と言われたら、婚活パーティーで知り合ったということを話していますか。
新郎
話していません。
ドクオ
話していないのですか。
新郎
だいたい飲み会で知り合ったと話しています。
ドクオ
確かにその辺はなんとでも言えますよね。
新郎
奥さんと口裏を合わせておけば、大丈夫です。私たちは飲み会で出会ったとそういう体にしようということです。
ドクオ
なるほど、話を聞いてみて、普段出会えないような人たちと出会えそうだと、今、婚活パーティー体験を聞いて思いました。
新郎
確かに、普段出会えない人とはやはり出会えますね。
ドクオ
30歳を超えてくると、学生と知り合うことは恐らく無理じゃないですか。
新郎
ありません。
ドクオ
何かスポーツなどを一緒にやっているとかでないと無理ですよね。
新郎
職業「大学生」には、僕も本当にドキドキしました。
パティ男
で、年齢見たら20歳ですしね。
新郎
真っ先にカップル指名したんですけどね、やはりダメでした(笑)
インタビュア
学生でも若いほうがいいのですね。
新郎
僕も若いほうがいいです。
パティ男
誘惑に負けますね。
インタビュア
それでも、新郎さんの総合的には、パーティーパーティーが一番良かったということですか。
新郎
総合的には良かったですね。やはり、パーティーの進行や、パーティーの雰囲気や、スタッフもパーティーパーティーのほうがしっかりしています。
パティ男
シャンクレールも行きましたけれど、パーティーパーティーのほうが落ち着いてていいですね。
新郎
そうですね。
パティ男
スムーズな進行ですよね。
新郎
アラサーの自分的には、平均年齢もちょうど良かったです。若い子と出会えるのはうれしいですけど結婚というよりも興味本位の方が強いですよね。
ドクオ
パーティーパーティーは女性と話す雰囲気みたいなのを作ってくれる?
新郎
そうです。会場の雰囲気と、パーティー会場の清潔感もいいです。
パティ男
パーティーパーティーは、女性との年齢差もそこまで開かないですよね。
新郎
そうですね。
ドクオ
だから、逆に話しやすいということですね。
パティ男
あそこは同年代の話ができますよね。
新郎
参加者の年齢条件がプラスマイナス5歳ぐらいでちょうどいいです。で、シャンクレールの場合は、確か20代から3代0…。
パティ男
39とかありましたね。20歳から39歳がありました。最大20歳差。
新郎
そこまでいくと親子(笑)だから、女性も若い子もいれば、30後半のちょっとおばさんっぽい人もいます。年上の人もいるので、幅広く選ぶとか年上女性が好きとかは、シャンクレール行ってみるのも楽しいと思います。
インタビュア
いちかばちかですか。
パティ男
ギャンブルですね。
新郎
自分が年下が好きなのか、年上が好きなのか、まず見極めるために、シャンクレール行くことはお勧めかもしれないですね。
パティ男
ドクオさん全方位大丈夫じゃないですか?
ドクオ
そうですね。いろんなとこに行って、いろんなパターンをやってみます。
パティ男
味わって下さい。
新郎
ストライクゾーンが広いのですね。

結婚相手の条件は初めから決めていた?

インタビュア
ちょっと聞いてみたかったのですが、婚活を始める時点で結婚の条件というか、相手に対して、こういう条件の女性がいいなみたいなのってあったんですか。
新郎
まず、結婚生活を送るにあたって、料理とかはできないとまずいですよね。美味しい手料理を作ってもらえるのがやはり憧れでもあったので、料理ができる女性でないとダメだなと思っていました。

それ以外は、そんなにないですね。あとは、当たり前ですけど、見た目っていうのはありますし、性格ももちろん大事ですね。それは、最初の段階ではあまりわからないから、デートをしてみて判断していました。

あとは、これは嫌だっていうものがいくつかあり、趣味が合わないなど、ヲタクっぽい女性は自分は嫌なので、こういう人が嫌だというのをいくつか自分の中で10個ぐらい持っていて、で、選別していったらいいかなと思います。
インタビュア
消去法ですか。
新郎
消去法で女性を見ていました。
パティ男
では、料理下手でも美人だったらどうしましたか。
新郎
料理下手で美人だったら、うーん、料理はいいかなと思います。
インタビュア
ということは、一番は顔ということですね(笑)
パティ男
美人は正義ですね。
新郎
料理は自分でやりますという感じですね。

カップリング後、デートに誘うコツは?

インタビュア
面白いですね。あとは、カップリングした後の女性と続けるためのコツはありますか。
新郎
カップリングした後の目的は、やはり連絡を取り合うことですかね。婚活パーティー業者は何もしてくれないので、次から、デートのアポイントは自分でやらなきゃいけないわけですから、自分で連絡を取って、次のデートの約束をするということですね。そこだけですかね。

そのためには、自分的には、今の奥さんもそうですけれど、パーティー当日、カップリングしたのが夕方だとしたら、その日の夜ぐらいには連絡をして、次の約束をするということをしていました。それがポイントかなと思いますね。先言われたみたいな鉄は熱いうちに打てということと一緒ですね。
パティ男
連絡頻度は、どのくらいでやっていたんですか。
新郎
連絡頻度はまずその日に打って、その次の日にもちょっと送って、その後はだんだんペースダウンしていきますね。会うときまではちょっとペースダウンして、会ったらまたちょっとペースアップしてとやっていました。
パティ男
そこでも波を作っていくということですね。
新郎
緩急です。
パティ男
そこでも緩急が必要なのですね。
新郎
そこでも緩急が必要です。最初からバーってメールをしまくると、恐らくだんだん飽きてきてしまって、向こうもうざったいなと思い始めますので、やはり緩急は大事ですね。
パティ男
わかりました。
インタビュア
緩急って書きましたか。
パティ男
はい。早速メモしました。
インタビュア
何か、パティ男さんは困っていることはありますか。
パティ男
連絡頻度ですね。人によって変わってきてしまうので、どの辺で見極めるのかがなかなか難しいです。それが今の悩みです。僕はマイペースというか自分のペースで刻めるので、多くてもいいですが、やはり多いと、うざったいと思われたりしてしまいますので、そこを見極めるのがなかなか難しいです。
新郎
確かに、難しいですね。
パティ男
新郎さんはそこら辺はどうやって見極めましたか。
新郎
そこは、細かいところでいうと、LINEでだいたい女性と連絡することが多いですが、例えば、向こうが既読になったりとか、既読にならなかったりとかしますよね。

わりとこの人既読にならない時間帯があるなと思ったら、そのときにはまず送らないようにするということです。その人の生活リズムのようなものを既読するかしないかによって見極めます。
パティ男
把握していくということですね。
新郎
だんだん調査していきます。
インタビュア
細かいですね。
新郎
そういうことも結構大事かなと思っています。朝、この人レスポンスいいなと思ったら、毎回朝ぐらいにこっちから送ってあげるとかしていました。向こうが返信しやすいときに送ってあげるということです。
インタビュア
結構まめですね。
新郎
そのぐらいしか浮かばないです。あと、あまり質問をしないことです。3球投げたら、3球のうち1回だけ質問をするとかにします。やはり質問ばかりくると、向こうも応えないとという気持ちになってしまうと思うので、要所要所に質問するということです。
パティ男
わかりました。ありがとうございます。
新郎
そういう細かなテクニックとかはネットで調べたら出てきます。本とかでもそうですしね。婚活テクニックとかで調べると、いろいろ出てきます。それをちょっと真似たりとかしたらいいかなと思います。
パティ男
わかりました。

婚活で結婚するために必要な事とは?!

インタビュア
では、最後に、婚活で結婚するために、必要なことで新郎さんが考えるところはありますか。
新郎
婚活パーティーは、最初のうちは結構ハードル高いと思いますし、行くことがだんだんしんどくなってくるときもあります。しんどかったときに、婚活パーティーもうやだなとも思いましたが、一番大事なのは、そこで諦めずに、根気よく続けることです。

結婚するために必要なのは、諦めずに婚活を続けること

新郎
例えば、自分の場合は、最初まずカップリングしませんでしたし、次も、3回目もダメでしたが、4回目ぐらいでやっと慣れてきて、カップルになりました。最初、まず嬉しかったです。

で、だんだんと楽しいなって思うようになっていきました。で、その後、10回目以降はだんだんカップリングになる確率も増えてきて、楽しかったです。

どんなに好きな趣味だって、楽しくなければ続かないじゃないですか。婚活も一緒で、婚活を楽しむことって大切だと思います。

婚活自体を楽しむことが婚活を続けられるコツ

新郎
僕にとっては、その楽しめる婚活っていうのがPARTY☆PARTYだったかも知れないです。
新郎
よく季節ごとにハロウィンパーティーなどの大型イベントをやるんですが、出会いの場としてだけでなくイベント自体を楽しめるんです。それって重要なんじゃないかな。
ドクオ
絶対カップリングするというわけじゃないんですよね。
新郎
確率は結構低かったです。最悪、その日行って、しゃべって何も連絡先もゲットしないまま帰るときもあり、ものすごい寂しいわけですよね。

何も得るものがなかった、あの娘可愛かったなっていう妄想がモヤモヤ続きます。羨ましいと思います。で、そういうのが多少連続で続いたとしても、次に行ったらカップルになるぞとか、すごく前向きな気持ちを持って、婚活パーティーに申込みをどんどんしていくということが一番近道かなと思います。
インタビュア
ドクオさんはどうでしたか。
ドクオ
勉強になりましたね。すごく参加したいなと思います。すぐにでも申し込みたい。
新郎
すぐにでもポチっと申し込んで下さい。
ドクオ
本当に異性の人と出会たいと思っている人がいたら、逆にそういうところから参加したほうが出会えるのかなと思います。男って結構夢見がちではないですか。
インタビュア
ロマンチックな出会いを夢見ているということですね。
ドクオ
女の子とどこかで出会えるかなと思っていましたが、なかなかそれは難しいので。出会える場があるなら、思い切って飛び込んだほうが逆にすぐに出会えるなと思いました。
インタビュア
次回はドクオさんの体験談をお聞きしたいと思います。
ドクオ
そうですね。参加して、3日で結婚しましたって言います(笑)
新郎
超最速ですね。
インタビュア
それを楽しみにしておきます。今日はありがとうございました。

コンテンツ一覧

男たちの座談会シリーズ

元ハゲ男性の婚活エピソード!ハゲ治療でモテモテになったって本当?

婚活パーティーカップル率100%の達人に聞く!カップルになる秘訣は?

婚活パーティーがきっかけで結婚した人に聞く!男たちの婚活座談会

婚活パーティーで結婚した男性が暴露った!〜男たちの婚活座談会、第2段〜

男性に人気の婚活パーティーランキング