婚活パーティーカップルのコツ

男性に人気の婚活パーティーランキング|口コミと評判まとめ

インタビュア
こんにちは。
達人
こんにちは。
インタビュア
今日は婚活パーティーでカップルになりまくっていると噂の達人さんにお越しいただきました。
達人
お願いします。
インタビュア
お願いします。なんか、あの、百戦錬磨と聞いているのですけれど。
達人
そんなたいした事はないです。
インタビュア
実際に何回ぐらい参加されて、どれぐらい成功したのかを具体的に教えていただけますか?
達人
今までに8回参加しました。そのうち7回カップリングに成功して、1回だけカップリング制度がなかったので連絡先交換のみで。それを除けばカップリングは100%です。
インタビュア
100%ですよね。今聞いた感じだと。
達人
はい。
インタビュア
連絡先交換のみのものは何人と連絡先を交換されたのですか?
達人
5人ぐらいとして、実際に連絡をとっているのは3人です。
インタビュア
多分、結構な割合ですよね。
達人
そうなんですかね。他の標準がわからないので。
インタビュア
5人と連絡先交換をして、3人と今も続いているのですか。
達人
はい。
インタビュア
それは婚活パーティのカップリングがなかったやつですよね。
達人
そうです。なかったやつです。
インタビュア
他のパーティーでカップルになった人のうち、今どれぐらいの人と会っているのですか?
達人
今は5人です。
インタビュア
5人。 先ほどの3人も合わせて。
達人
先ほどの3人とはまだ会っていないです。
インタビュア
会っていないんですね。
達人
はい。ただ連絡を取り合っている段階です。連絡先交換のみの会の3人のうちの2人が、今度会う予定です。
インタビュア
では、会う・会わないは置いておいて、今も継続的に連絡を取っている人は8人。
達人
8人ぐらいはとっています。
インタビュア
5人とは会っている。2人とは会う予定。
達人
はい。
インタビュア
さすがです。違いますね(笑)

カップル100%の達人、婚活歴はどれくらい?

インタビュア
婚活を始めたのはいつからですか?
達人
2月の下旬からです。
インタビュア
今年のですか?
達人
はい。
インタビュア
と言う事は2カ月くらいですか?とても短期間のうちにかなりのハイペースで…
達人
そうですね。1ヶ月ちょっとで8回なので。
インタビュア
すごいですね。かなり本気で結婚したいという感じですか。
達人
そうですね。できれば。
インタビュア
婚活を始める前もモテていた?
達人
いや、モテないです。お酒もそんなに飲めないので、ずっと安全牌と言われていましたし、男に見られないタイプ。
インタビュア
そうなんですか?いい人で終わるということですか。
達人
いい人です。完全にそれで終わっています。恋愛感情わかないって言われた事もあります。
インタビュア
婚活だと、いい人がモテるのかもしれませんね。
達人
もしかしたら、それはあるかもしれません。
インタビュア
危険な感じがする人は婚活では選びにくいですよね。
達人
そうですね。遊ばれて終わりというイメージになってしまうので。
インタビュア
確かに。
達人
だから真剣にお付き合いをしたいなら、もしかしたらそちらの方が有利なのかもしれないです。
インタビュア
なるほど、面白いですね。ちなみに婚活を始めた理由とかきっかけは何かありますか?

婚活を始めたきっかけは?

達人
出会いがないというのが一番です。
インタビュア
出会いがない。
達人
はい。本当に少ないです。職場で恋愛感情を抱くというのがないので。そうなると、そういう感情は外に持っていくしかないのですけど、なかなか予定が合わなくて合コンとかもあまり参加できなかったですね。
インタビュア
合コンの機会があまりない。
達人
そうですね。平日休みが多かったので、なかなか…。土曜日曜は絶対に仕事が入っていましたし。
インタビュア
土日仕事ということは、飲食とか美容室とかですか。
達人
そうです。飲食です。
インタビュア
お客様は女性が多いじゃないですか。
達人
はい。お客様は完全にお客様なので、お客様に恋愛感情は持たないですね。
インタビュア
相手から言い寄られても?
達人
全然。何も思わないです。
インタビュア
損ですよね。
達人
そうなんですよ。僕、仕事は仕事モードになってしまうので全然ダメですね。
インタビュア
それだとやはり、婚活とかをしないと。
達人
そうです。
インタビュア
それで本気を出したらモテちゃったみたいな。
達人
…ですっ(ドヤ顔)
インタビュア
ちなみに、婚活パーティーでモテるために気をつけている事はありますか?
達人
そうですね…安心感を与えたいので、清潔感とかすごい重要視していました。
インタビュア
清潔感。具体的に言うとどういう服装なのですか?

婚活パーティーの服装、どこに気をつける?

達人
そうですね。キレイ目な恰好としか言えないのですけど、例えば下はチノパンとか、それから別にベージュでも黒でも何でもいいと思うんですけど。あとは上はシャツだったりで、Tシャツでは行かなかったですね。
達人
一番は服装の清潔感を意識していました。
インタビュア
具体的にどのような服装ですか?
達人
いたってシンプルなんですけど私がよく使っていたのがチノパンにシャツ、上はセーターで、チノパンの色は黒かネイビーか、あとは普通にベージュ。シャツはずっと水色で統一をして、セーターは灰色かネイビーです。
インタビュア
ちょっと制服っぽい感じ。
達人
そう。そんな感じになってしまいますね。
インタビュア
チノパンってヨレヨレしているとまた
達人
だから、プレスは絶対ですね。
インタビュア
そうですよね。
達人
ちゃんとそこは。
インタビュア
そこは重要かも、やっぱり。結構チノパンは両極端というか、ダサいわけではではないですけど、
達人
ワークパンツみたいになっている人もいるので。
インタビュア
プレス必須ということですね。
達人
そうです。
インタビュア
服装以外で他は何かありますか?
達人
個人的には髪は短髪にしていました。全てで清潔感を表そうかなと思うので。
インタビュア
爪とかは。
達人
絶対に切ります。深爪するぐらいに切っています。
インタビュア
確かに、女性って相手の爪、結構見るんですよね。
達人
やっぱりそうですか。
インタビュア
見ます見ます。
達人
このあたりが白くなってしまうともう、すぐに切っています。
インタビュア
わかります。時々小指の爪だけ伸ばしている人っているじゃないですか。「はぁ!?」って思いますよね。
達人
あれ、何の意味があるんですかね。
インタビュア
何ですかね耳とか鼻とかほじるの?みたいに思っちゃって引いちゃいますけど(笑)確かに不潔な人はちょっとアレですものね。服装は確かに重要ですよね。服装以外にモテるための要素で気をつけたことはありますか?

婚活パーティーでのプロフィール攻略法!

達人
婚活だとプロフィールを書かなければいけないので、そういったところにもしっかりと気をつかって書いていました。
インタビュア
具体的には。
達人
あくまで自分のやっていたやり方なんですけど。
男は見栄を張りたくてとか、ちゃんとスタートラインに立ちたくてとかで婚活で年収を盛る場合が結構多いのですけど僕は普通に正確に事実を書いていました。
インタビュア
それは、いい方に転びましたか?
達人
そうですね。女性がそこまで年収を気にしている感じがなかったんですよね。
インタビュア
そうですよね。ちなみに差し支えなければ、年収はいくらぐらいって書いたんですか?
達人
400万って書きました。
インタビュア
あー…。でも400万って平均ですものね。
達人
東京都とかだと少し下なんですね。
インタビュア
そうかもしれないですね、確かに。
達人
多分、ダメな人は最初からもうそこで切るのでしょうけど、自分は年収が400万だからと不利になったと感じたことは全くありませんでした。
インタビュア
それは多くの男性に勇気を与えますね。
達人
年収で100万多く書いて、いざお付き合いしてガッカリされるぐらいだったら、いっそ最初からふるいにかけてもらおうと思って。
インタビュア
付き合い始めたらわかりますものね。
達人
バレてしまうので。
インタビュア
そこで関係を崩すよりは最初から。
達人
そうです。最初から、もう。
インタビュア
意外と誠実ですね。
達人
あ、そうなんですか。
インタビュア
意外と誠実です。
達人
あと、自己PRは具体的に書いていました。最後、自由作文みたいな感じのものを書かなければいけないのですけど、そこは具体的に。趣味・音楽、趣味・旅行とか書いている人が多くて、自分の趣味はスポーツだったんですけど、どんなスポーツをしているとか、どこでやっているのかを書いて。そうすると地元がたまたま僕のスポーツのやる地域だったりとかすると、結構そこから話も盛り上がるので。
インタビュア
詳しく書くということですね。
達人
できるだけ詳しく書いていました。ただ、そんなに長くしないように心がけました。時間が足りないので。何十行とか書いている人がいたんですけど …
インタビュア
読めないですよね。
達人
読めないんです。読んでいる途中で終わりそうなので。
インタビュア
何行ぐらいですか?イメージで言うと。
達人
多くても7行ですね。だいたい5行ぐらいで終えるようにしていた感じです。
インタビュア
そこからの質問は結構多いですか?
達人
多いです。きちんと具体的に載せていると「そういうスポーツをするんですか?」とか、「私も昔やっていました。」「部活でやっていました。」みたいに言ってくれましたね。
インタビュア
会話が盛り上がりやすい。
達人
そうです。結構向こうも、そうやって具体的に書いてある方が、最初に質問がしやすいような感じでした。
インタビュア
なるほど。プロフィールでは他に何かありますか?
達人
あと、性格も書いていました。
インタビュア
何て書くんですか?
達人
人見知りって書いていました。人見知りはしないですけどね。
インタビュア
いや、意味わかんないです(笑)
達人
これはカップリングになった女性からその場で聞いたんですけど、人見知りと書いてあったからすごく真面目な人が来るのかと思ったら、めっちゃ笑顔の人が来たからすごく笑ったと言っていました。
インタビュア
ギャップ?
達人
ギャップ狙いでいきました。
インタビュア
誠実と言ったのは取り消します。
達人
(笑)
インタビュア
でもそれは結構プラスにいきやすい?
達人
プラスになった事が多いです。結構それで突っ込まれたりします。本当に人見知りですか?みたいな感じで。
インタビュア
突っ込みどころをたくさん作ってあげるという感じ。
達人
そうですね。そうするとフレンドリーな感じになって、婚活パーティで会話を楽しめます。
インタビュア
なるほど。プロフィールは大事ですよね。自分をPRできる、するとしては。
達人
意外とあまりやっていない人の方が多いです。漠然とした感じになっているとか、酷いとき1行15文字だけ、みたいな。
インタビュア
そこはしっかりと書きましょうという感じですね。
達人
そうですね。
インタビュア
私も今日初めてお会いした時の第一印象は笑顔という感じでした。
達人
これしか意識していないですね。第一印象も重要になってきますので。
インタビュア
そこも意識されているのですか?
達人
意識しています。
インタビュア
そうですよね。
達人
ムスッとしてブースに入るよりも、笑顔で入って来た方が相手も緊張しないかなと思って。あと、男からしても笑顔の女性の方が第一印象はいいので。そこは男女変わらないかなと思って。
インタビュア
お互いさまですものね、確かに。他は何かありますか?
達人
あと自分だけかもしれないのですけど、最初の話題の切り出し方で結構出身地を聞いていました。
インタビュア
出身地。
達人
一人暮らしとか実家暮らしとかの項目が出るので、一人暮らしの時は出身地を聞いて。大都市圏だとその場でスルーしてしまうのですけど、結構マイナーな地方とかだと、そこから切り込んでいきました。
インタビュア
一般的にはすごく広げにくい話題だと思いますし、そこから広がるイメージが全くわかないんですけど、どうなんですか?
達人
新潟県は上越、中越、下越と三つの地方に分かれるんですよ。その中でも下越とかあまりメジャーではないところの地名を出すと、結構向こうが驚いて、「なんで知っているの?」みたいな。
インタビュア
親近感がわくみたいな感じ。
達人
わくみたいです。で、「そこ出身なの?」って聞かれて「東京です。」って言うと、また話題が起きるみたいな。
インタビュア
地理に詳しくないと、なかなかそれは難しいですね。
達人
はい。
インタビュア
それか、婚活パーティーの前に全国のエリアを必死に覚えていくかですよね。
達人
勉強してください。
インタビュア
何か他にありませんか?
達人
あと、職業柄というのも出ますね。料理とかグルメの話というのは。やはり女性は旅行好きと食べ歩きとかグルメの人が多いので。俺はあまり旅行が好きではないので、グルメから、好きなお店とかジャンルを聞いてというのはあります。
インタビュア
確かにその辺は盛り上がりやすいですよね。
達人
スポーツの話は、女性はそんなにガチではやらないので。
インタビュア
確かに盛り上がりにくいです。
達人
だからそういったところで、結構。
インタビュア
じゃ、料理とかお店とかをわりと事前にチェックしていったり。
達人
重要です。
インタビュア
ですよね。なるほど、勉強になります。
達人
食べログなんかをずーっと行く前に見て。
インタビュア
いいですね。カップルになった時にも行けるからいいですよね。
達人
そうです。考えています。
インタビュア
そこは要チェックですね。婚活個室パーティーでも男性は一つの部屋に集められるんですよね?
達人
今は一気にそれぞれの個室に最初から通されてしまいます。
インタビュア
そうなんですか。では他の男性は?
達人
最初は全然わからないです。せいぜい同じタイミングで受付に来た男性の方しかわからないので。帰るタイミングは一緒なので、その時に結構見たりはしていました。
インタビュア
ライバル意識はありますか?
達人
どういう人なのか、若干、気にはなります。外見とかそういうのは帰りによくチェックしましたね。
インタビュア
婚活パーティーにはどういう男性が多いですか?
達人
真面目そうな男性が一番多かったです。服装は、平日はみんなスーツで休日はそれぞれの格好で。スーツはいないんですけど、カジュアルな格好の人もいれば、ちょっとキレイめな恰好の人もいるという感じです。
インタビュア
ちなみに女性はどのような感じの人が多いですか?
達人
女性は綺麗な方が多かったです。
インタビュア
それは顔ですか、それとも雰囲気というか、服装だとか。少しツッコミすぎですけど。
達人
服装は、女性らしい感じとカジュアルな感じに二極化されていました。スーツの人は一人しか見たことがないです。変な人はいませんでした。
インタビュア
結構オシャレな感じで。
達人
オシャレな方が多くて、それも意外でした。
インタビュア
どんなのが来るんだみたいな。
達人
モテない人ばかり来るのかなと思っていたので。
インタビュア
そうでもない。
達人
そうでもないですね。恋愛市場の落伍者みたいな方達ではないです。皆さん綺麗な方が多かったです。
インタビュア
じゃあ結構テンションが上がりますね。
達人
上がります。第一回目から上がりました。  
インタビュア
良かったですね。
わかりにくいかもしれないですけど、婚活パーティでカップルになりやすい・なりにくい男性の特徴はありますか?

婚活パーティーでカップルになる人の共通点とは

達人
人当たりの良さそうな人はカップル成立している人が多いです。
インタビュア
人当たりが良さそうというのは見た目ですか?
達人
見た目というか、あとは雰囲気、あとはいい人そうな顔とか。
インタビュア
顔つきですか?
達人
カッコいいわけではないんです。その方達には申し訳ないんですけど、人の目を引くほどカッコよくはないんですけど、雰囲気がすごく優しそうとか。
インタビュア
それは笑顔の人が多いということですか?
達人
笑顔の人も多いです。
インタビュア
逆にカップルになることのできない人の特徴はどうでしょう。
達人
暗そうな人です。先ほど言いましたように、男性はパーティーの会場を一緒に出るんですよ。根暗な感じの人や笑顔が作れない人はだいたいそのまま駅の方に直行して帰っているので。
インタビュア
落ち込んでいるわけではなく。
達人
なんでしょうね。その場でカップルにならずに帰る方は結構多いです。
インタビュア
まあ…そうですよね。
達人
あとなぜか、服装がデニムの方はカップルになっていないです。
インタビュア
そうなんですね。意外です。
達人
クラッシュはさすがにいなかったですけど、ちょっと色の抜いたデニムとかリジットでも一人も見た事がないです。男性で各回一人ぐらいはデニムの方いらっしゃったんですけど、不思議な事に誰もカップルにはなっていなかったですね。
インタビュア
やる気のないように見えるんですかね。
達人
だと思います。せっかく女性の方がキレイにして来ているのに、そこはちょっと男の方も服装に関して礼儀が必要なのかなと思います。
インタビュア
デニムは厳禁ですね。
達人
厳禁です。だったらまだスーツの方がいいと思います。
インタビュア
なるほど。意外な事実でした。今度は女性に関してですけど、ぶっちゃけ会った瞬間に“この人落ちるわ”と思えるような人はいますか?
達人
すごい上から目線ですよね。
インタビュア
落とせるわ、みたいな。
達人
ブースに入った時に、先ほどの性格のギャップのところを見た瞬間に笑った人は、「あ、結構これいけるんじゃないかな。」とは思います。
インタビュア
それで実際いけるんですか。
達人
いけました。最後の方3回ぐらいはそういう人達だったので、最初ブースで自分をパッと見ていきなりふき出したりとか。
インタビュア
ふき出す?
達人
ふき出すんです。
インタビュア
ふき出すってなんかちょっと違うという気がするんですけど。
達人
いきなり笑い出すんです。「それで本当に人見知りなんですか。」みたいなツッコミを。
インタビュア
何もしゃべっていないのに。
達人
何もしゃべっていないのに、です。
インタビュア
でもすごく想像しているんでしょうね。どれだけ暗い奴がくるんだって。そうしたら、「あー、めちゃくちゃ笑顔の好青年が来たわー。」みたいなそのギャップに笑っちゃった。
達人
そんな感じだと思います。 わ、笑顔まぶしっ!みたいな。
インタビュア
すごいですね(笑)会話の途中とかで、この人落とせそうだなみたいなのって。
達人
あまり思いませんでした。最初の第一印象がダメだったらもう、そのまま引きずるという感じです。
インタビュア
最初が肝心。
達人
最初が肝心です。逆転できたことはないです。
インタビュア
1回ダメな感じになったら、もうダメ。
達人
もうダメです。盛り上がらなかったらもう。せいぜいそれを普通ぐらいに持っていく事はできても、上まで持っていく事は今までできませんでした。
インタビュア
それは話題の持って行き方ですか。
達人
それもあると思います。婚活での会話は最初はどうしても緊張しているので、そういうところで最初のつかみをしくじるとメンタル的になぜか凹んでしまうので、そうなるともう厳しいです。
インタビュア
うまくいかなかった話題はありますか?
達人
人によって好きなタイプとかもあると思うんですよ。ちょっと明るい人が好きだったり、もうちょっと静かな人の方が好きだったりすることがあるので。そうなると静かな人が好きなのに明るいキャラで行くと最初から相手に引かれてしまうので。
インタビュア
それはもう内容ではなくて、人と人の相性ですね。それは仕方がないですね。
達人
そうなるともう、どんなにお互いに共通の内容を出しても、厳しくなります。
インタビュア
そこはもうあきらめるしかないですね。
達人
あきらめるしかないです。無理に変に会話をほじくり過ぎるよりも、切り替えて次の人のプロフィールを見てるぐらい。
インタビュア
感じ悪い(笑)でも、あきらめも肝心なんですね。
達人
あきらめも肝心です。疲れてしまうので。
インタビュア
そうですね。いける時に全力を出す。
達人
そうです。メリハリが大事です。
インタビュア
なるほど。勉強になります。今聞いた事以外に婚活パーティーで失敗したな、みたいなことはありますか?

婚活パーティーの達人がやらかした失敗

達人
自分が得意としている分野とか、好きな事を聞かれるとうれしいじゃないですか。それで一方的にブワッって話してしまうんですよね。そうすると会話にはもうなっていないので、それはちょっと良くないかなと思います。それで学びました。
インタビュア
やらかしてしまった事があると。
達人
やらかしてしまいました。ずっと自分が話をしている感じです。
インタビュア
何を話していたんですか?
達人
その時スポーツの話になって。
インタビュア
要注意ですね、スポーツ。それからはそういうのはなくした。
達人
そうですね。でも、それを4回目ぐらいまでの婚活パーティーではずっとやっていたので、その時はなかなか盛り上がっているなと自分では思っていたんですけど、よくよく考えると会話をしていないなと思って、そこから止めました。どんなに自分の得意分野がきても、きちんと話をふったりするようにはしていました。
インタビュア
今8人中7人とデートされているんですよね。婚活パーティの出会いをデートに発展させるためのコツは何かありますか?

カップリング後デートに誘うコツとは?

達人
可能性が確実に上がるのはカップル成立後その日のうちに、パーティーの後にお茶とか食事に行って、そこで次のデートの約束をとるというのが一番です。鉄は熱いうちに打てみたいな。その時に相手の好みの食事、何料理が好きなのかを聞けば、全然自分が知らない所でも食べログとか見ていれば出てくるので、そこで「じゃあ、あの店行こう。」って誘えば、結構次のデートには行けました。
インタビュア
断れない感じにするということですか。
達人
そうです。
インタビュア
断りにくい流れをつくっておくということですよね。
達人
LINEだと断られる確率が高くなるので、会っている時に次の、次の次とか、先まで決めてしまった方が。
インタビュア
確かに。好きな料理は何?みたいな感じで進んで行って、じゃあ今度それ一緒に食べに行こうよって言われたら、いいえって言う勇気はなかなかないですよね。なるほど。上手いですね。でもカップルになったその日に、食事とかお茶って行けないことってありますよね?
達人
あります。
インタビュア
ですよね。そういう時はどうするんですか?
達人
その日に送りました。
インタビュア
LINEを。
達人
はい。「いついつ空いてる?」みたいな。
インタビュア
それはじゃあ普通に。
達人
はい。その時に「また。」というか「よろしければご飯に行きましょう。」という文面ではなくて、「いついつ空いてる?」という感じで、時間も曜日も指定して
インタビュア
具体的に攻めていくということですね。
達人
はい。
インタビュア
断りにくくするというのが一番出してこう追い詰めていく。
達人
一番はそれですね。
インタビュア
面白いですね。ちゃんと考えられているのですね。今はそのカップルになった7人の人達の中で、1番長く継続している人でどれぐらいですか?

達人
2月の下旬にカップリングした人はいまだにメールしています。一番初めの人はちょっと…、終わってしまいました。
インタビュア
2ヶ月ぐらいは続いている感じですね。
達人
はい。2ヶ月ぐらい続いています。
インタビュア
一番初めの人と終わってしまった理由はなんですか?
達人
向こうから本気の「結婚したい」を感じてしまいまして。
インタビュア
あー…なるほど。自分はもう少し出会いを楽しみたいという気持ちで。
達人
そうなんです。
インタビュア
選べる男はいいですね。
達人
いえいえ、でも今までモテなかったのがウソのようで楽しいですね。
インタビュア
そうなんですか。でも確かに、最終的には一人の人としかお付き合いできないから、そこの取捨選択と言えば嫌な言い方になりますけど、やっていかないと。
達人
調整はしていかないと。
インタビュア
相手の女性に対しても、長引かせると失礼ですしね。ではまだ7人の人達に関しては、そこからまだ決めかねている感じということなのですね。
達人
そうですね。
インタビュア
幅広いですね。このまま増え続けず、少しずつ整理されていくことを願います。
達人
刺されないように気をつけます(笑)
インタビュア
そうですね(笑) でも、そんなに大量の人とやりとりを続けるのは結構大変ではありませんか?
達人
大変です。毎日メールをする人もいますし、1週間に1回という人もいますし、そこを把握するのがなかなか大変でした。
インタビュア
よく継続できますよね。
達人
ですよね。
インタビュア
コツとか工夫とありますか?
達人
それぞれのメールスタンスを把握するのが一番いいかなと思います。短くても毎日の人とは毎日、短文メールでも大丈夫ですし、1週間に1回ぐらいのスタンスの人はそのタイミングで送るという感じなので。
インタビュア
相手に合わせて。
達人
相手に合わせていますね。
インタビュア
毎日送ってくる人に1週間に1回はないですし、1週間に1回の人に毎日はないですものね。
達人
ただのウザい人間になってしまいますよね。
インタビュア
確かに。参考になります。でも、スタンスを把握するまでが結構、ちょっと、難しい。
達人
大変です。探り探りなので。そういう時に案外役に立つのが、過去の恋愛話を聞いて、元カレとはどれぐらいの頻度でメールしていたのかを聞くと、わかりやすくなります
インタビュア
なるほど。それをじゃあ、最初の食事の時に。
達人
そうです。最初の食事の時に探りを入れます。
インタビュア
その人の付き合い方みたいなものを探っていくということですね。では最後の質問なのですけど、これを見られている方のために、誰でも簡単にできるカップルになれる秘訣があったら教えてください。
達人
そうですね。顔とかそういうので選んだ時もありましたけど、会話がスムーズにいく相手とカップルになる確率が今まで一番高かったです。で、意外に人間は興奮して楽しくなってしまうと早口になってしまうんですね。そうすると噛んでしまったり、話がうまく聞き取れなくて女性が聞き返してきて話が途切れてしまいます。そうなるとスムーズに会話がいかなくなるので、意識してゆっくり話をしたほうがいいです。自分もそれを心がけたら結構スムーズに会話ができて、うまいこといっていました。
インタビュア
確かに早口だとテンパってる感が出ますよね。
達人
はい。あります。
インタビュア
この人テンパってるわーって。
達人
余裕がないように見えますよね。
インタビュア
そうですね。テンパってる人には、ゆっくり余裕がある感じで話された方が印象は良くなるかもしれませんね。
達人
それを意識するようになってから、カップルにはならなかったんですけど、好印象のボタンを押してくれたり、そういうのは一気に増えました。
インタビュア
印象が良くなればその分カップル率は上がりそうですよね。結構意外ですね、それは。話すスピードに気をつけてゆっくり目に話す。
達人
それができるだけでだいぶ違った結果にはなると思います。自分はそれで、そうなったので。
インタビュア
なるほど。わかりました。では本日はありがとうございました。
達人
こちらこそありがとうございました。

 

コンテンツ一覧

男たちの座談会シリーズ

元ハゲ男性の婚活エピソード!ハゲ治療でモテモテになったって本当?

婚活パーティーカップル率100%の達人に聞く!カップルになる秘訣は?

婚活パーティーがきっかけで結婚した人に聞く!男たちの婚活座談会

婚活パーティーで結婚した男性が暴露った!〜男たちの婚活座談会、第2段〜

男性に人気の婚活パーティーランキング